痛風を防ぐためには|プリン体抑えて予防生活

レディー

誰にでも起こる症状

お年寄り

貧血とは、血液中のヘモグロビンが少なくなって、酸素が体に十分に運ばれなくなる症状です。貧血になると、めまい、息切れ、肌荒れ、顔色が悪くなるなどの症状が起こります。病院では、治療として鉄剤という飲み薬を処方してくれます。

Read More

正しいケアの仕方

サプリメント

女性の更年期障害をサポートしてくれるのがサプリメントです。更年期障害に効果のあるサプリメントには、ホルモンバランスを整える働きがあります。ただし、飲み方を間違えると効果がなくなるどころか症状が悪化してしまう可能性があるので、正しい量だけ摂取することが大切です。

Read More

悩み解消法

ハンド

冷え性を改善する効果を期待することが出来る食べ物として、生姜があります。しかし、摂取の方法によりその効果には違いがありますので、注意が必要です。毎日取り入れるのであれば、紅茶などに加えると良いでしょう。

Read More

プリン体対策を行なう

ストレッチする男の人

足の親指の付け根が痛くなる、特に関節の1か所が腫れて痛むのであれば痛風の可能性が高くなります。痛風とは血液中の尿酸値が高くなると起こりやすくなるという特徴があります。ではどのくらいの量になると痛風が起きやすくなるかというと、基準値(7.0mg/dL)を超えた状態が長く続くと、痛風発作のリスクが高まると言われています。また血液中の尿酸値が高い状態が続くと、起きりやすくなるリスクは痛風だけではありません。放置することで血管にダメージを及ぼすことになり、動脈硬化による脳卒中や心臓病につながる可能性があるので注意が必要です。これらのリスクを抑えるためには予防が大切となります。予防策としては、プリン体の多い食事を控えたり水を多く飲んだりするなどが大切になります。

健康診断で尿酸値が高いことを、指摘された経験がある人は少なくないでしょう。尿酸値が高い状態を放置しておくと、痛風発作のリスクが高まると言われているので予防が重要となります。尿酸値に重要なのがプリン体ですが、予防のためにはプリン体の摂取と排出のバランスを整えることが重要です。最近では様々な研究が進められています。そして近年、ある種の乳酸菌を摂取すると、血清尿酸値の上昇が抑えられたということはが判明しています。このことは今後のプリン体対策を考えるうえで大きなトピックとなるはずです。このことによって、乳酸菌が痛風発作の予防に役立つと言われる時代も来ることでしょう。乳酸菌は、ヨーグルトなどの身近な食品に含まれている栄養成分です。しかし、毎日食品から摂取しようとすると大変なものがあります。なので、気軽に摂取することが出来るサプリメントや健康ドリンクを活用して摂取しましょう。